【まとめ】2020年に買ってよかったゲーム【ゲームオブザイヤー】

もう少しで2020年も終わり。

一応ブログっぽい締めくくりとして、

 

2020年買ってよかったオススメのゲーム

 

を紹介してみようかと思う。

まだまだブログが始まってから日も浅く、かなり偏った総まとめになるとは思うけど、ぜひお付き合い頂きたい。

※2020年発売のゲームではなく、2020年にプレイしたゲームから抜粋しているので注意。

 

2020年ゲームオブザイヤー

2020年にレビュー記事を執筆したタイトルは下記の通り。

 

 マインクラフト ダンジョンズ

レビュー記事はこちら

 GEARS 5

レビュー記事はこちら

 Ori and the Will of the Wisps

レビュー記事はこちら

 デス・ストランディング

レビュー記事はこちら

 バイオハザード RE:2

レビュー記事はこちら

 Mortal Shell

レビュー記事はこちら

 ターミネーター:レジスタンス

レビュー記事はこちら

 ゴッドフォール

レビュー記事はこちら

 The Falconeer

レビュー記事はこちら

 

それでは次に2020年に遊んだタイトルから、ランキング形式でオススメのタイトルを紹介してみる。

 

3位 コードヴェイン

 

さっそくレビュー投稿をしていないタイトルになってしまうけど…。

3位はバンダイナムコの「コードヴェイン」

発売日は2019年の9月。

なかなかセールをしてくれなくてプレイするのが遅くなってしまった。

 

中二病感満載のゲームデザインが個人的にどストライク。

 

ソウルライク系では珍しく、フォトリアル調ではなくアニメ調のデザインが特徴的。

また、キャラエディットが素晴らしく、誰でも簡単に自分好みのキャラを作成できる。

記憶に残らないストーリーや、雑な難易度バランスが気にはなるけど、愛着の湧いたキャラは操作しているだけで楽しくなってくる 。

フォトモードも多機能で、後半は戦闘よりも撮影ポイント探しに時間を要した。

今年プレイしたゲームの中で、プレイ時間が3桁を超えた数少ない作品の一つでもある。

 

2位 デス・ストランディングPC版

 

2位は、コジマプロダクションの「デス・ストランディング」

サイバーパンクの発売に備えて、ゲーミングPCとワイドモニターを揃えて万全の体制を整えていたんだけど、肝心のサイバーパンクの発売延期が決まってしまい、先にこちらをプレイすることとなった。

シナリオだけでなく、ワイドモニターで描かれる広大なフィールドと、初の60FPS上限突破という、色々な意味で感動を与えてくれた超大作。

やりこみ要素や周回前提のバランスではなく、純粋にシナリオを一周プレイすればお腹いっぱいになる、最近では珍しいゲーム。

逆に言えば、2周目をプレイするにはかなり気合いを入れないといけない。

しかし、いつかまたサムと一緒にアメリカ横断に挑戦してみたい、そう思わせる感動作である。

≫「デス・ストランディングPC版」クリア後の感想

 

1位 Ori and the Will of the Wisps

 

1位は「Ori and the Will of the Wisps」

最高のビジュアル、最高のストーリー、最高のゲーム体験、文句なし。

2020年3月、「オリと暗闇の森」の続編として発売。

前作未プレイ、XboxGamePassでたまたま見かけてプレイしたんだけど、これが大当たりだった。

ジャンルはメトロイドヴァニアの2Dスクロールゲームで、見た目の割に難易度は高め。

しかし、絶妙なゲームバランスでリトライによるストレスは皆無。

老若男女誰にでもオススメできる、素晴らしい作品である。

≫【レビュー】「Ori and the Will of the Wisps」が神ゲーだった

 


 

1位の「Ori and the Will of the Wisps」は最近Switchでも配信が開始されたので、知っている人も多いかもしれない。

残念ながらプレステでは未配信なんだけど、もし環境が許すのであれば是非ともプレイしてもらいたい。

 

2位と3位の「デス・ストランディング」と「コードヴェイン」とは少しマニア向けの作品。

年のせいか、最近一本あたりのプレイ時間が3桁を超えることが少なくなってきたけど、この2作品は久しぶりに100時間を超えたゲームとなった。

残念ながら(?)フォールアウト4やスカイリムのように4桁超えのゲームは現れなかったけど、ソロゲーでは久しぶりのハマった作品と言える。

 

では次に今年プレイしたゲームの中から、クリアまでモチベーションが続かなかったり、期待を裏切られてしまったりと、少し残念だったゲームを紹介したいと思う。

2020年残念でした賞

誰得な内容にはなるんだけど、レビューというのはどうしても個人的主観が入ってしまう。

なので、私というキャラ作りのためにもとりあえず記録していく。

すべてのジャンルを愛することは難しい。

 

スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー

全体的な評価が高く、実際プレイしてもその世界観の完成度には驚いた。

しかし、ソウルライクなゲーム性と、オープンワールドのちぐはぐなバランスがストレスとなり、結果として途中で放置となった。

モータルシェルをプレイした時も思ったけど、死にゲーとオープンワールドは相性が悪いと思う。

≫【レビュー】サクッと死にゲーにオススメ!Mortal Shell(モータルシェル)

 

ギアーズ タクティス

ギアーズシリーズのスピンオフで、XCOMのようなターン制ストラテジーゲーム。

過去にXCOMにハマったこともあって結構期待してたんだけど、操作性やローカライズが雑でこちらも途中で断念することになった。

フルプライスで購入してたらもう少し粘ったかもしれないけど、悲しいかなXboxGamePassで配信中だったため、諦めるのも早かった…。

 

ニーアオートマタ

これも今年初めてプレイすることができた。

発売日は2017年。完全に乗り遅れた。

独特な世界観と2Bの可愛さは流石である…が、いまいちモチベーションが続かなかった。

新作に期待。

 

Tell Me Why

ライフイズストレンジのスタジオが手掛けるアドベンチャーゲーム。

苦手なゲームだ。

映画でいいやってなる。

 

 

第一印象が悪いゲームはプレイしなくなる

 

XboxGamePassなど、サブスクサービスを利用していて感じるのがコレ。

以前だと、少なからずお金を払ってパッケージを購入しているので、「もう少ししたら面白くなるはず」と、もとを取るために自分に言い聞かせたりしてた。

しかし定額制のサブスクの場合、次、次、と好きなだけゲームをダウンロードすることができてしまう。

そのため、面白くないゲームに時間を消費するのが勿体なく感じてしまう。

今回クリア出来なかったゲームの中にも、もう少しプレイすればその面白さに気づくことが出来たものもあっただろう。

今後サブスクが流行るようであれば、いわゆるスルメゲーと呼ばれるような、エンジンが掛かるのが遅いゲームはウケにくくなるかもしれない。

 

2021年もSAMURAI RUSH GAMESをよろしくお願いします

現在はサイバーパンク2077のPC版を絶賛プレイ中。

笑えるバグ笑えないバグなど、調整不足は否めないけど、ブログに支障をきたすほどに楽しめてはいる。

 

2021年のスタートを切るには申し分のないゲームである

 

しかし、AAAタイトルは考えてプレイしないと時間の消費が激しい。

無論、面白いゲームに出会えるのはこの上ない幸せではあるんだけど…。

来年も少しでも多く素晴らしいゲームに出会えるよう、シャカリキにプレイしていきたいと思う。

これからもSAMURAI RUSH GAMESをよろしくお願いします。