WARFRAMEのここが気になる【たらればポイント】

基本無料プレイのマルチTPSゲーム『WARFRAME』の、

 

ここが〇〇だったら、もっと〇〇してれば…。

 

そんな気になる「たらればポイント」を紹介していく。

基本無料ゲームに文句を言っても仕方ないかもしれないけど、課金した分くらいは書かせてもらうことにする。

※本記事はWARFRAMEのレビュー記事から「気になるポイント」を別記事として抜粋したもの。

関連記事 ≫ WARFRAMEをレビュー【宇宙忍者の無双系アクションゲーム】

 

WARFRAMEの気になるポイント

1. 何をしたらいいかわからない

おそらくWARFRAMEを始めた人のほとんどが直面するであろうポイント。

コンテンツが肥大化しているハクスラゲームではありがちな問題ではあるけど、WARFRAMEも例にもれずといった感じ。

 

8年間の集大成…

 

と言えば聞こえはいいけど、特にナビもないままいきなり広大な太陽系に放り出されて、そのまま楽しめるかと言われれば正直難しいところである。

 

世界観や操作のチュートリアルなど、プレイヤーに調べる気がなければ全くわからない部分も多い。

次にどうすればいいのか、どうやったら攻略できるのか、そういった時にサッとwikiとかで調べれられる人は問題ないけど、そうじゃない人は序盤で挫折してしまうかも。

 

2. ボス戦が面白くない

殲滅戦がメインのWARFRAMEだけど、一応それぞれの惑星には専用のボスが待ち構えていたりもする。

ストーリーに関係するものや、イベントで出現するボスもいたりするんだけど、残念ながらどれも記憶に残るような面白さは感じられなかった。

WARFRAMEは、基本的に

 

殺られる前に殺れ…

 

のゲーム性となっていて、ドッジやパリィを使うような一撃一撃の駆け引きは少ない。

爽快感を重視した無双スタイルで、雑魚殲滅のミッションは面白いけど、一対一が基本のボス戦では殴り合いの喧嘩になることが多く、いまいちパッとしない。

単調な戦闘を防ぐためか、ボスごとに色々なギミックが用意されてはいるんだけど、これも戦闘を無理やり間延びさせようとする微妙なものが目立つ。

ここは好みの問題もあるだろうけど、周回したいと思わせるような面白いボス戦が少ないのは残念だった。

 

3. 中途半端なオープンワールド

8年間も継続していると、いろいろと流行りを取り入れたくなるのか、WARFRAMEにもオープンワールドステージがアップデートされている。

厳密にはオープンワールド風の広めのステージではあるんだけど、

 

これが本当につまらない。

 

目的地に向って広いだけのステージを移動して、クリアしたらまた戻っての繰り返し系ミッションがほとんど。

 

自由探索もできなくはないけど、採掘や魚釣りなど、新鮮味に欠ける要素しかなく、WARFRAMEである必要性を感じない。

なによりオープンワールドへのアクセスが不便で、周回前提のゲームだとストレスが溜まりやすい。

できればオープンワールドは廃止して他へ注力してもらいたいが…。

 

とにかく風呂敷を広げすぎ

今回紹介した以外にも、アークウィングやレールジャックなど、ここ何年かで“人を選ぶ”コンテンツがアップデートされ続けている。

面白いかどうかは別として、現時点ではそれぞれのコンテンツが独立してしまっていて、通常ミッション→レールジャックなど、コンテンツを移行するのにモチベーションが途切れてしまうことも少なくない。

面白くなければ遊ばなくてもいいってスタンスなのかもだけど、願わくばWARFRAMEという一つのコンテンツとして磨きをかけていってほしいところである。

 

まとめ

まとめは下記のレビュー記事へ

関連記事 ≫ WARFRAMEをレビュー【宇宙忍者の無双系アクションゲーム】