キーワード

【レビュー】FPSの金字塔!DOOM Eternal(ドゥーム エターナル)

DOOMシリーズの最新作『DOOM Eternal』

2020年のゲームオブザイヤーにノミネートされたりと、プレイしたことはなくても、タイトルは聞いたことがあるという人も多いだろう。

その『DOOM Eternal』が、XboxGamePassのラインナップに加わったので、さっそくプレイしてみることにした。

DOOM Eternal(ドゥーム エターナル)

タイトル
DOOM Eternal
ジャンル
FPS
発売日
2020.3
プラットフォーム
PlayStation 4/PlayStation 5/Xbox One/Xbox Series/Switch/PC
クリア時間
未クリア
スコア
55点

前作の『DOOM』も高い評価を受けており、私も何年か前にクリア済みである。ステージを自分で作成できる「スナップマップ」が面白くて、そればっかりプレイしていた気がする。

そして今回、その続編である本作をプレイしたわけだが、結論から言うと「思いのほか楽しめなかった」というのが正直な感想である。

世間での評価も高く、確かに駄作というわけではない。しかし、今回は個人的に合わなかった部分が目立つ結果になってしまった。

本記事ではそういった気になる部分を紹介しながら、『DOOM Eternal』のレビューをしていくことにする。

DOOM Eternalのプレイレビュー

舞台はデーモンに侵略された地球。ドゥームスレイヤーと呼ばれる最強の戦士を操り、行く手を阻むデーモンを抹殺する。

敵の陣地に突っ込むという設定上、常に四面楚歌の戦闘が続くことになる。

とはいえ、『エイリアン』や『デッドスペース』のような、極限のSFサバイバルホラーとはジャンルが異なる。どちらかと言えば『デビルメイクライ』みたいな、スタイリッシュアクションゲームである。

 明らかに”対人用”ではない武器を駆使し、片手でデーモンの頭蓋を握りつぶす。その豪快さが『DOOM Eternal』の売りだ。

 容赦なく切り刻み、握りつぶす。悪即斬を地で行く姿は、まさにスレイヤーである。

 無駄にギミックが可動する武器は、構えるだけでカッコいい。

アサルトライフル、ショットガン、プラズマライフル、ロケットランチャーなど、多種多様な武器を駆使し、デーモンを殲滅する。

前作『DOOM』の続編ではあるが、ストーリーはシンプルなので、本作からのプレイでも問題はないだろう。そもそも、ゲーセンのシューティングゲームのように、戦闘を楽しむべきゲームなので、「デーモンは悪いやつ、だから倒す」が分かればそれで十分である。

見た目は派手だが、その分操作も複雑

本作では、敵へのトドメの刺し方によって、得られる恩恵が変わってくる。

グローリーキル(近接攻撃)で倒せば体力を回復することができ、チェーンソーで切り裂けば弾薬が、火炎放射器で燃やした敵からはアーマーが補充できる。

つまり戦って回復、戦って補充の繰り返しが基本となる。

 撃つ→殴る(回復)→撃つ→斬る(補充)→撃つ→燃やす(回復)と、慣れればリズムゲーのような感覚で戦える

このシステムをプレイヤーに活用させるためだろう、本作では所持弾数が少なめに設定されており、弾数管理に常に気を使わなければならない。

これが中々にやっかいで、ゲームの難易度を底上げしてしまっている。

戦闘中は、豊富な武器を切り替えながら戦うのだが、プレイヤーが「次はこれを使おうかな」と選ぶのではなく、弾がないから「これを使わなければならない」という状況が続く。

チェーンソーの使用回数も上限がある(時間回復)ため、トリガーハッピーだとすぐに詰まってしまう。

私のような下手っぴゲーマーが、You Tubeや広告動画の華麗な戦闘シーンを期待して購入してしまうと、ギャップに苦しむかもしれないので、注意が必要である。

 体力、アーマー、弾薬をバランスよく管理する必要があるため、かなりの集中力が必要となる

とは言え、ある程度戦闘をこなすと慣れてはくるだろう。寧ろ難易度が高い分、やりがいを感じる場面も多くなる。

本作の評価が高い理由にも、プレイスキルの上達に比例して爽快感が増す、といったものが多いようだ。

勢いを削ぐアスレチック要素

一通り戦闘が終わり、ステージを移動をする。すると、ジャンプを駆使しながら進むアスレチック系ステージが出てくる。

派手な戦闘のクールダウンの意味合いがあるのだろう。しかし、戦闘メインの本作においては、ペースを乱すだけの障害になってしまっている。

パズル要素や、目を凝らさないと見つけれない掴みポイントなど、明らかにプレイ時間の水増しである。

隠し要素など、ファンのためのものであれば納得はできる(実際そういった要素もある)が、本作ではメインステージの随所にこういったポイントが設けられており、強制的に参加しなければならない。

ゲームの性質上、早く銃を撃ちたくてたまらないのに、これではクールダウンどころかプレイ意欲が萎えてしまう。

 二段ジャンプや空中ダッシュなど、機動力を活かして攻略していくのだが、正直面倒なだけである。

 場所によっては、ヒントが少なく詰まってしまいそうになることも。

一昔前の洋ゲーのような、不親切な謎解き。アドベンチャーゲームというわけでもないので、謎を解いても達成感は低めだ。

先に進めなくなったら、遠慮せずに攻略情報をググったほうがいいだろう。本作の醍醐味は戦闘であって、謎解きではない。

シンプルなストーリーが災いして、クリアには至らなかった

この手のゲームは、ストーリーよりも戦闘が楽しければそれでいい。

その点、本作のストーリーは「デーモンを殲滅し、地球を救う」というシンプルなもので、ツボを押さえている。

しかし、上記のパズルやアスレチック要素により、無駄に箸休めのポイントが存在してしまっている。そうなると、もう一度ゲームを起動するには、それなりの魅力的なストーリーが必要になるのだ。

先が気にならないまま、アドレナリンが低下してしまうと、よっぽど戦闘が楽しくなければモチベーションは維持できないだろう。

 各個撃破しながらデーモンを追い詰める、シンプルなストーリー

 魅力ある敵が多数登場するが、それだけではモチベーションが続かない…

しかし、流石はAAAタイトルだけあって、完成度はかなりのものである。今回レビュー記事を執筆するにあたって、プレイ動画を見返してみたのだが、見てると何故かプレイしたくなってくる。ビジュアル面の魅力で言えば、ほぼ満点と言えるだろう。

今ならサブスクのXboxGamePassでプレイすることができるので、気になる人は冒頭だけでもプレイしてみてもいいかもしれない。ヘヴィメタルが響き渡るオープニングは、一見の価値ありだ。

カッコよすぎるドゥームスレイヤー、マッドサイエンティストチックでユニークな敵たち、スキルアップなどRPGのような要素あり、ハマる人はハマる。そんなゲームである。

フォローよろしくお願いします!