スマホゲームがつまらない理由を考えてみた

  • 2021年4月15日
  • 2021年4月18日
  • ゲーム

今回はスマホゲーム(アプリゲーム)について私なりに思いついたことを書き殴っていく。

 

基本的にスマホゲームについて否定的な人間の意見になるけど、食わず嫌いでもあるので異論は認める。

 

スマホゲームがつまらない理由

早速だけど、なんでアプリが面白くないかを考えてみた。簡単にまとめると次の3つ。

 

・底なしの課金要素
・オート操作
・飽きたらお終いの無限ループ

 

底なしの課金要素

まぁこれは言わずもがな。

 

基本無料で遊ばせて、ガチャなどの課金要素で収益を得るスマホゲームがほとんど。

 

まぁゲームである以上、遊んでいる本人が楽しければそれでいいし、実際レアなアイテムが引けると嬉しいのも分かる。

 

でも、財力を競い合うって、ゲームの遊び方じゃない気がする。

 

そもそも基本無料ってのが根源。だったらスマホゲームは買い切りだけでいい。

 

オート操作

これもスマホゲームによく見られるシステム。

 

オート操作って、もうゲームですらない。

 

報酬を目当てに、繰り返しプレイするのがしんどいのは分かる。

 

でも後から「何してんだ俺…」って虚無感に襲われるし、ただの作業だから思い出にもならない。

 

ホントに面白いゲームはオート操作なんて勿体なくて出来ないし、何年経っても記憶に残ってたりする。

 

飽きたらお終いの無限ループ

スマホゲームってゴールはあるのだろうか?

 

もちろんストーリー完結型のゲームより、繰り返しいつまでも遊べるゲームの方が面白いってのも分かる。

 

プラットフォーム問わず、フォートナイトのようなマルチゲームだったり、モンハンのようなハックアンドスラッシュゲームはいつだって根強い人気を誇っている。

 

でも、たまには「あぁ面白かった」と、満足してゲームを終わらせてもいいんじゃないだろうか。

 

今のスマホゲームは飽きたらお終いの、惰性で遊び続けるものが多すぎる。

 

スマホゲームにハマる理由

 

それでは次にアプリの長所を探してみる。こちらも簡単に3つだけ紹介。

 

・底なしの課金要素
・無料で遊べる
・いつでもどこでも遊べる

 

底なしの課金要素

悲しいかな、スマホゲームをつまらなくしているのも課金要素だけど、遊んでいて面白いのもガチャを引いているとき。

 

射幸心を刺激されると、やっぱり面白いって感じてしまう。

 

でもこれはハクスラでも表現できる。

 

強力な装備を求めて繰り返しプレイする。

 

ほとんどがハズレなのに、一握りの当たりを引いたときの脳汁がクセになってしまう。

 

どちらも中毒性が高いけど、個人的にはハクスラ要素がもっと流行ってほしい。お金かからないし。

 

無料で遊べる

文句は言いつつも、やっぱり基本無料で気軽に遊べるのはグッド。

 

無料で遊べるだけ遊んでいて、気に入ったら課金してもいいし、なんならそのまま緩〜く無料で遊び続けれる。

 

そんな敷居の低さはスマホゲームのメリットだろう。

 

これで無料かよ…ってスマホゲームもたくさん配信されている。

 

でも結局はその先の課金を意識した作りだから、どこかでしわ寄せが来るようになっているは残念だが…。

 

いつでもどこでも遊べる

スマホさえあれば、いつでもどこでもゲームが出来る。

 

携帯ゲーム機ではなく、生活必需品であるスマホでゲームが出来るのは、スマホゲームの利点と言えるだろう。

 

しかし、最近それに対抗するように、クラウドゲームの開発も急速に進んでいる。

 

すでにGeForceNowなどのクラウドサービスでは、ネット通信を利用することでスマホでPCゲームを遊べるようになっている。

 

しかも、通信環境さえあればスマホの性能に依存しないため、いつでもどこでも最新コンソールゲームがプレイできる時代になってきているのだ。

 

このまま高速回線が普及すれば、どこで遊べるのはアプリだけの特権ではなくなるかもしれない。

 

スマホゲームがつまらない理由・まとめ

以上、スマホゲームについて思ったことを書き殴ってみた。

 

思えば学生時代にハマったドラコレから、すでに10年が経っている。

 

現在もガチャによる課金要素が中心のスマホゲームがほとんどだが、グラフィックは進化しているし、AppleArcadeのようなサブスク、つまり月額課金制のアプリも登場してきている。

 

スマホの性能や通信環境の向上で、これからももっとスマホゲームが遊びやすい環境にはなるだろう。

 

ただ、今のギャンブル要素の強いゲームではなく、純粋に遊んで楽しいゲームが流行ってくれればいいのだが。

 

おまけ:オススメのアプリゲーム

では最後に、どちらかと言えばアプリに否定的な私が、素直に楽しむ事ができたオススメのスマホゲームを紹介して終わりにする。

 

オクトパストラベラー

オクトパストラベラー 大陸の覇者

オクトパストラベラー 大陸の覇者

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

SwitchとPC版で発売されているオクトパストラベラーのアプリ版。

 

アプリ版では原作より前、つまりオリジナルのストーリーを堪能することができる。

 

濃厚なストーリーと、手応えのある戦闘システムが売り。

 

ガチャ要素こそあるものの、シングルゲームなので強制力はかなり低く、さらにスタミナ制も廃止されている。

 

遊びたいときに好きなだけ遊べる最高のアプリ。なんで無料なのかホントに分からない。

 

ストーリーの進行が若干遅かったり、戦闘が長期戦になりやすいといった欠点もあるけど、それを差し引いても一度は遊んでみてほしい作品。

 

TIME LOCKER

TIME LOCKER - Shooter

TIME LOCKER – Shooter

sotaro otsuka無料posted withアプリーチ

 

縦型スクロールシューティングゲーム。

 

前述のつまらない理由の項でも触れた、繰り返し系のゲームではあるんだけど、TIME LOCKERはもともとローグライクをベースにしたシューティングゲームなので、繰り返しプレイすること自体に面白さがある。

 

敵味方ともに操作している間だけ時間が進み、画面に触れない間は時間が停止するのが特徴。

 

敵を倒しポイントを稼ぎ、ポイントを使って自機を強化する。

 

ただその繰り返しなんだけど、この中毒性がかなり高い。

 

次で最後にしよう、が永遠と続くゲーム。

 

課金要素も低いので、無料で一日中遊べてしまう。