欲望とバグが溢れるゲーム「サイバーパンク2077」をレビュー

12月10日、オープンワールドRPG「サイバーパンク」がついに発売された。

度重なる延期や、発売後の返金騒ぎなど、いろんな意味で話題にとなっているゲームではあるが、今回そのサイバーパンクのPC版をクリアすることができたので、レビューをしていきたいと思う。

PS4とXbox向けのコンソール版は、現在適正化に向けて対応中(2020.12)

PC版については頻繁にバグが見受けられるものの、一定の水準はクリアしている。

サイバーパンク2077レビュー

タイトル
サイバーパンク2077
ジャンル
FPS
発売日
2020.12
プラットフォーム
PlayStation4、Xbox One、 PC
クリア時間
20~30時間
スコア
80点

PC版は買い、コンソール版は様子見もしくはPC買え

最適化不足で返金対応中のコンソール版、こちらの購入をオススメするのは現時点(2020.12)では止めておくが、PC版については自信を持ってオススメできる。

それでも無視できないほどにバグが見受けられるので、ある程度の耐性がある人向け。

それにPCでプレイするにも、それなりのスペックを要求されるので、こちらもハードルは低くない。

私はサイバーパンク2077をプレイするために、ゲーミングPCを買い替えたのだが、それでもギリギリ。

関連記事

今回は私が普段使用しているゲーミングPCについて少し紹介をしてみる。 今のゲーム環境は、メインで使用しているゲーミングPCと、PlayStation4が1台。 あとはスマホのiPhone11でたまにソシャゲをプレイするくらい。 […]

どちらにせよ、プレイするまでの敷居が高いのは残念である。

舞台は2077年のナイトシティ

その景色はブレードランナーや攻殻機動隊を彷彿させ、まさにサイバーパンクな世界を味わえる。

ウィッチャーシリーズで有名なCD Projekt REDが手掛けたとあって、世界観の作り込みは流石。

だが…

生まれるのが1年早かった、未完の傑作

コロナの影響もあっただろう、延期による延期を得て、なんとか発売までこぎ着けたサイバーパンク2077。

しかし、やはり万全の状態ではなかったのか、お世辞にもポテンシャルをすべて引き出せているとは言い難い。

骨組みこそ完成はしているようだが、肉付けが甘く、プレイすればするほどボロが出てしまう。

数多のバグはクエスト進行のモチベを下げるし、NPCの挙動は数年前に発売されたGTA5と比べても見劣りする。

予算との兼ね合いや、ユーザーからのプレッシャーもあっただろうが、もう少し開発期間をの設けるべきだった。

もしくは、チュートリアル部分をアーリーアクセスなどで先行配信するなど、デバックの期間を設けていれば、また違った結果になったかもしれない。

どちらにせよ、すでに賽は投げられている。

今後のアップデートに期待したい。

 アイテムが拾えなかったり、HUDが消えなかったりと、細かなバグが目立つ。

クエストの進行に関わるバグも報告されているようなので、こまめなセーブが欠かせない。

 ナイトシティを行き来するNPCの群衆。

個性的な見た目が多いが、挙動はマネキンのようで生活感に欠ける。

ひとまずバグは置いといて、中身をレビュー

上記のように、完成品とは言い難い状態で発売された本作。

しかし、だからといって決して駄作というわけではない。

発売から2週間ほどで私のプレイ時間は100時間を超えているし、現在も当ブログの更新を妨げるほどにハマり込んでいる。

バグが散見される現状でも、フルプライスで購入する価値はあると言えるだろう。

というわけで、本記事ではバグについての詳細は割愛させていただき、サイバーパンク2077のゲーム部分についてレビューをしていく。

サイバーパンク2077のゲームを構築する会話

サイバーパンク2077の中でも、大きな割合を占めるのが、選択式による会話である。

何気ない会話でも3つから4つの選択肢が現れ、選んだセリフに相手は全力で反応を示す(フルボイス)

一人称視点のサイバーパンクにおいて、この会話シーンの没入感は素晴らしく、個性豊かかなNPCたちがどういった反応を示すのか、そこが気になってしょうがないのである。

単純に自分の感じたことを、主人公のVに代弁してもらうもよし、結果(報酬)を優先して相手の裏をかくのも本作の醍醐味。

 会話は情報収集の手段だけでなく、ストーリーの分岐にも大きく影響を及ぼし、時には生死に関わることも少なくない。

 

 一度のプレイですべてのパターンを網羅するのは不可能なので、2週目はあえて違う選択をしていく楽しみもある。

 

 一人称視点による没入感が高く、今そこに自分がいるような感覚になることも。

面白いのは、選択肢が一つしかないのにプレイヤーへ選択を迫られるパターンがあること。

まぁ手間が増えて面倒くさいだけなのだが、実際にプレイしている時はその世界観にのまれており、没入感を高めるのに一役買っていると言える。

自分好みにスタイルを変更できるアグレッシブな戦闘

サイバーパンクでは、スキルやパークにレベルポイントを割り振ることで、かなり尖ったキャラクターを作ることができる。

肉弾戦重視の脳筋プレイや、電脳戦特化のハッカープレイ、刀を使ったニンジャプレイなど変幻自在だ。

各ミッションの攻略も、正面から強行突破も出来るし、ステルスで最深部までひっそりと忍び込むことも出来る。

特に目新しいシステムではないのだが、Falloutシリーズのように、キャラになりきるタイプのRPGでは重要な要素となる。

 武器以外にもサイバーウェアによる強化も可能。

ステータスの強化や、腕にロケットランチャーを仕込んだりもできる。

 

 スキル次第では、拳一つで攻略することも可能かも。

全部かっこいい

これは好みによる部分も大きいが、サイバーパンク2077の世界観やデザインは、近年稀に見るカッコよさと言える。

武器に防具、ナイトシティの外観や、車にバイクまで、その全てがかなり高い完成度を誇っている。

確かにサイバーパンク2077以外にも、カッコいい武器が登場する作品は数多く存在する。

しかし、このクオリティでこの規模のオープンワールドを、ここまで自由に駆け回れる作品は少ないはずだ。

数年前、Falloutに数々のModを詰め込みながら目指していた、その理想形がここに存在する。

 どこから見ても絵になるナイトシティの風景

フォトモードも実装済み。

人によってはストーリーよりもこっちにハマるかもしれない。

 

 好みはあるものの、どれも素晴らしいデザイン

たらればポイント

それでは次に、実際にサイバーパンク2077を100時間以上プレイしてみて、少し気になったポイントを紹介してみる。

キアヌ・リーヴス演じるジョニー・シルヴァーハンド

俳優のキアヌ・リーヴスが演じることでも話題となった、ジョニー・シルヴァーハンド。

どういった形で主人公とジョニーが絡むのかは省略するが、サイバーパンク2077のもう一人の主人公とも呼んでも過言ではない。

私はサイバーパンク2077をプレイするまで、ジョニーの役どころは、所謂ちょい役だと思っていた。

しかしふたを開けてみると、出るわ出るわのキアヌ祭りである。

しかも、ジョニーのキャラ設定は結構なクソ野郎で、主人公のVと対立することも少なくない。

個人的にキアヌ・リーヴスは、”やさしさ”や”クール”なイメージが強いため、今回のように出てくるたびに喧嘩するような設定だと、どうしてもギャップを感じてしまう。

映画「ジョン・ウィック」や「マトリックス」のような、スタイリッシュなキアヌ・リーヴスを期待すると、私のようにギャップに苦しむかもしれない。

カスタマイズ性の低さ

オープンワールドよろしく、サイバーパンク2077には様々なアイテムが登場するが、現時点でそのカスタマイズ性はかなり低いと言える。

武器のアタッチメントも、サプレッサーの取り付けとサイトの変更だけ。

乗り物も、ステッカーやカラーリングの変更すらできない。

元々のデザインが高水準で作られているため、人によってはカスタマイズの必要性を感じない人もいるだろう。

しかし、こういった細かい所でゲームへの没入感に雲泥の差が出てくる。

FPSであるサイバーパンク2077は、プレイ中はほとんど一人称視点のため、キャラクターの姿を見る機会は少ない。

それでもいちいち服装にこだわる、そんな私のようなプレイヤーには少し物足りないと言える。

敵のバリエーションが少ない

世界観との兼ね合いもあるかもしれないが、サイバーパンク2077に登場する敵のバリエーションはかなり少ない。

ほとんどが人型サイズのギャング、もしくはサイボーグ。

ボスと雑魚の見分けもつきにくいため、気が付いたら倒していた、なんてこともザラである。

ウィッチャーシリーズのように空想上の怪物を出すのは難しいとしても、もう少し遊び心は欲しかった。

発展途上でもプレイする価値はある

少なからず気になるポイントが目立つサイバーパンク2077。

しかし、骨格はしっかりと出来上がっているため、これからのアップデートで化ける可能性は十分にある。

なにより、このサイバーパンクな世界を体験できるだけでもお金を出す価値はあるだろう。

一人称視点によるマニアックな世界、YouTubeで見るのと実際にプレイするのでは、また違った体験になるはず。