【ターミネーター:レジスタンス】侵入者モードをプレイしたので紹介

「ターミネーター:レジスタンス」の無料DLC「侵入者モード」をプレイしてみたので紹介してみる。

≫ 本篇の紹介記事はこちら

 

 プレイ動画はこちら

制限時間は45分!レジスタンスを殲滅せよ

侵入者モードでは、プレイヤー自らが「ターミネーター・T-800」を操作することができる。

オープンワールドに点在するレジスタンスの拠点を強襲し、隠れたターゲットを制限時間以内に抹殺することができればミッションクリアとなる。

あくまでミニゲームという位置づけではあるけど、レジスタンスを一網打尽にする圧倒的火力は本篇とはまた違った爽快感を体験することができる。

 

 侵入者モードの主人公T-800。残念ながらシュワちゃんではない。

 

 侵入者モードの目的は、制限時間以内に技術情報部隊の司令官ダニエル・ラミレスを探し出し、その手で抹殺することである。

 

オープンワールドでターゲットの情報を集める

侵入者モードが始まったら、まずはマップとターミネータービジョンを使いながらレジスタンスの拠点を目指すことになる。

レジスタンスの拠点にはターゲットの情報が残されており、一定以上の情報を回収することでターゲットが隠れている目的地を見つけ出すことができるわけだ。

 

 ターミネータービジョンも使用可能。スキャニングなど芸が細かいのもGOOD

本篇で使用できたナイトビジョンと違い、ターミネータービジョンのままダッシュや攻撃が可能。

 

 一応オフにすることもできるけど、せっかくT-800を操作するのだから使わないと勿体ない。

 

 映画同様人間をスキャニングすることができる。カッコいい!

各拠点にはレジスタンスが待ち構えている。まずはレジスタンスを一掃し、あとから情報を集める。

当然レジスタンスからも武器を回収することができる。

 

 レジスタンスの拠点からターゲットの情報を回収。

拠点以外からも、パトロール中のレジスタンスなどから情報を回収することもできる。

 

 圧倒的強さのT-800も無敵ではない。攻撃を受けたらアイテムを使って回復。

画面の演出が憎い。日本語訳がちょっとダサいが。

 

鬼に金棒!ミニガンにグレネードランチャー、さらにはハードボーラーまで

侵入者モードでは、本篇では登場しなかった特殊な武器が登場する。

どの武器もチート級の強さを誇っており、レジスタンスを圧倒することができる。

 

 本篇では使用することができなかったミニガン!圧倒的火力でレジスタンスをねじ伏せることができる。

ミニガンはレジスタンスの拠点や武器庫で入手できた。

弾薬も多めなのでトリガーハッピーを楽しめる。

 

 なんと初代ターミネーターが使用していたハードボーラーまで!

レーザーポインターでヘッドショットも決めやすいので、個人的にお気に入りの武器。

ハードボーラーは武器庫で入手できた。

 

ターミネーター愛に溢れた良作!次回作にも期待が高まる

ターミネーター・ビジョンやハードボーラーなど、本篇同様ターミネーター愛を感じる素晴らしいコンテンツに仕上がっていた。

無料DLCということでボリュームは控えめだけど、次回作への期待を高めるには十分と言える。

≫ 本篇の紹介記事はこちら