キーワード

Googleアドセンスの審査に通らない?【合格までの3ステップを紹介】

副業でブログを始めてみたけど、Googleアドセンスの審査に落ちてしまった。
みんなはどうやって審査に合格したのかな?

Googleアドセンス合格までの3ステップを紹介。

 WordPressでブログを開設する
 SEOに特化したテーマを導入する
 読者のためになる記事を10本作成する

こんにちは。ブログ歴は1年、借金は4,000万円。
趣味でブログを書いているICHIROです。

ブログ初心者だった私でも、Googleアドセンスに一発合格する事ができたので、今回はその方法を3つのステップで紹介してみる。

Googleアドセンス合格までの3ステップ

2019.10.12 WordPressでブログ開設。

2019.10.13 WordPressの有料テーマ「THE THOR(ザ・トール)」を導入

「家づくり」をテーマにした記事を10本投稿する。

10本目の投稿と同時に、Googleアドセンスへ申し込む。

2019.11.4 Googleアドセンスから承認のメールが届く。

収益化開始

これは私が実際にGoogleアドセンスへ合格するまでの流れなんだけど、重要なポイントは次の3つ。

 WordPressでブログを開始

 翌日に有料テーマのTHE THORを導入。

 それから1,000から1,500文字程度の記事を10本投稿。

その後、Googleアドセンスへ申し込みをして、無事に合格する事ができた。

それでは順番に解説をしていく。

1.WordPressでブログを開設する

Googleアドセンスに申請するには、当然広告を貼るためのブログを用意しないといけない。

ブログサービスにもいろいろあるんだけど、ブログを収益化するのが目的の場合はWordPressでブログを始めるのが一番ベター。

まぁ最初は無料ブログでもいいけど、無料ブログはアドセンスの審査に通りにくいからオススメできない。

さらに、運営側の都合でサイトを削除(BAN)される可能性があったり、独自ドメインが使えなかったりと、デメリットが大きすぎる。

一昔前はWordPressでブログ開設するのって結構大変だったんだけど、今だと一時間くらいで簡単に自分のサイトが完成してしまう。

本気でブログ運営を取り組むなら最初からWordPressで始めたので間違いない。

関連記事

「ブログを始めたいけどサーバーはどれがいいの?」って人向けに、オススメのレンタルサーバーを紹介。 早速だが、私がオススメするレンタルサーバーは、当ブログでも使っている「エックスサーバー 」と、今から始めるならコレっていう「ConoHa[…]

2.SEOに特化した有料テーマを導入する

WordPressでブログを始める準備が出来たら、次はSEOに特化した有料テーマを導入する。

SEOに特化って何?って人は、まぁ簡単に言うとGoogleに気に入られる機能と思ってもらえばいいと思う。

ただ、WordPressの有料テーマは、平均価格が10,000~15,000円くらいと結構強気な設定になっており、手を出すには少し勇気がいるかも。

私も最初はラインの着せ替えぐらいのイメージだったので、値段を見て驚いたのは懐かしい思い出。

でも当然高いだけの価値はあって、無料テーマにはないメリットが多い。

今見ているこのブログも、THE THOR(ザ・トール)という有料テーマを導入していて、詳細についてはこちらのワードプレスの有料テーマ「THE THOR(ザ・トール)」を使って見た感想でも紹介している。

まぁ要するに、Googleから優良なサイトとして評価されやすくなるのが、有料テーマのメリット。

特にTHE THORはSEOに特化しているだけでなく、デザイン・機能面でもトップクラスのテーマになっているので、最初どのテーマを選んだらいいか分からないって人にもオススメ。

無料じゃダメなの?

別にダメじゃないけど、しっかりとした事前対策が必要になってくる。

実は私もWordPress導入と同時にCocoonっていう無料テーマを導入したんだけど、ブログ初心者だった私には、何したらいいか分からなくて、結局1日で挫折してしまった。

無料テーマの場合は、自分で調べながらSEO対策、プロフィールや問い合わせ画面の導入など、事前にいろいろと準備をする必要が出てくる。

その場合、プラグインと呼ばれる拡張ツールを別途導入するんだけど、一から調べるとなると、これが結構体力を消耗してしまう。

こういった面倒くさいところを省略できるのも、有料テーマの強みと言える。

で、ブログの骨組みが仕上がったら、次はいよいよ記事を書いていく。

3.読者のためになる記事を10本作成する

WordPressと有料テーマの導入ができたら、いよいよ記事を書いていく。

記事を書く前に、Googleの禁止コンテンツについては目を通す。
※アダルトコンテンツなどは、規約違反となるため注意が必要。
≫Googleアドセンスのプログラムポリシー
記事の内容は、できるだけテーマを統一して「読者のためになる」記事を、まずは10本投稿すること。

例えば「今日のランチ」といった情報は、正直読者には「無益」なので、そういった記事を量産してもGoogleには認めてもらいにくい。

誰かにアドバイスする感じで書く

私の場合は、家づくりをする時に「貯金がなくても住宅ローンって借りれるのかな?」と悩んだ過去があったので、自分と同じような悩みを持つ人に向けて記事を書いてみることにした。
※過去記事は削除済み…。

映画のレビュー、お菓子作り、オススメの観光スポットの紹介など、なんでもいいので少しだけ人より情報を仕入れて、友達に教える感覚で記事を書いていく。

1つの記事で、だいたい1,000文字から2,000文字くらい書ければ大丈夫。

原稿用紙でだいたい4~5枚程度。

文章を書くのが苦手な人は最初しんどいかしれないけど、そのうち慣れてくるので頑張ってまずは10本を目指していく。

Googleアドセンスに合格して収益化に成功すれば、そこで更にモチベーションも上がる。

どうしても文章を書くのが苦手という人は本を読むのもアリ

上記の本は、ブログで飯を食べているプロのブロガーたちが、必ずと言っていいほどオススメしている、文章力アップのための教科書。

正直、文章なんて「習うより慣れよ」の部分が大きいんだけど、それでも最初に1冊は読んでおいて損はしない。

Googleアドセンスに申請してみよう

それでは、最後にもう一度おさらいをしておく。

 WordPressでブログを開始

 有料テーマのTHE THORを導入。

 誰かにアドバイスする記事を10本投稿。

以上の3ステップを実践する事で、Googleアドセンスに合格する確率はかなり高くなるはず。

趣味ブログと違って、どうしても初期投資が必要になってくるが、有料テーマは買い切りだし、WordPressのサーバー代も月々1,000円程度。

ブログで副業を始めたい、趣味でお小遣いを稼ぎたいって人は、ぜひ挑戦してみてほしい。

WordPress

今からWordPressを始めるなら、圧倒的にコノハウイングがオススメ。

関連記事

「ブログを始めたいけどサーバーはどれがいいの?」って人向けに、オススメのレンタルサーバーを紹介。 早速だが、私がオススメするレンタルサーバーは、当ブログでも使っている「エックスサーバー 」と、今から始めるならコレっていう「ConoHa[…]

でもサーバーとかドメインとか意味わからんって人は、練習がてら「はてなブログ」とかでもいいかなとは思う。

はてなブログProだったら、月額課金制でとりあえずブログに広告を貼ったりして副業も始められる。

難しい設定も不要だから、右も左も分からんっていうブログ初心者にオススメ。

≫はてなブログProはこちら

有料テーマ

プログラミン系に強い人なら無料テーマでも問題ないけど、0から全部自分で設定とか面倒くせえって人は、金に物を言わせて最初から有料テーマを導入するのが手っ取り早い。

ちなみに今このブログで使っているのはこちらの【THE THOR(ザ・トール)】

フォローよろしくお願いします!