キーワード

ワードプレスの有料テーマ「THE THOR(ザ・トール)」を使って見た感想

WordPressでブログを始めた人が最初に悩むポイント、それが有料テーマの導入ではないだろうか?
今回はWordpress有料テーマの一つ【THE THOR(ザ・トール)】 を紹介する。
テーマ選びで失敗しないために参考にしてもらえれば幸いである。

「THE THOR(ザ・トール)」のレビュー

テーマ名
THE THOR(ザ・トール)
価格
14,800 / 27,400
サイト数の上限
無し
着せ替え機能
SEO対策
高速表示機能
オススメ度

THE THOR(ザ・トール)オススメする理由

無料で導入できるテーマもたくさん存在するが、有料テーマには当然その金額に見合ったメリットがある。デザインとか性能とか。

実際に当ブログでもTHE THORを使用しているが、まずはTHE THORのオススメのポイントを紹介をしていく。

・スタイリッシュで男前なデザイン。
・豊富な装飾機能が簡単に設定できる。
・SEO効果が実感できる。
・サイト上限無し、量産も可能。
・プラグインいらずで初心者でも扱いやすい。

デザインが男前仕様でカッコいい

THE THORを一言で表すならスタイリッシュ。
かっこよくて男前なデザインが特徴と言える。
海外ファッション系のようなオシャレなトップページも作れる。
YouTube動画の差し込みや、記事のスライダー機能もあり。
しかもテンプレートが公式ホームページからいつでもダウンロードできる。
お気に入りのテンプレをダウンロードすれば、あとは画像とテキストを差し替えるだけ。
ブログ初心者でも公式ページのような完成度でサイトが作れる。
勿論、モバイル用にも切り替えて表示してくれる。
プログラミングの知識がなくても、項目ごとにチェックするだけで簡単にデザインの変更が可能。
デモサイトは公式ホームページからチェック
圧倒的に美しくおしゃれな WP テーマ 【ザ・トール】

豊富な装飾機能

タイトル付きの囲み線、吹き出しやリンク誘導のボタンなど、THE THORには便利な装飾機能が一通り揃っている。
普段見ているブログで使われているオシャレなデザインも、いざ自分で設定しようと思うと意外と面倒くさい。
しかし、THE THORだと、豊富な装飾機能が最初からプリセットとして用意されているので、難しい設定をしなくても簡単に装飾ができる。

タイトル付きボックスとか
背景ボックスとか、マーカー機能とか。
アイコンボックス(アイコンも変更可能)
あとはこんな吹き出しも
簡単に作れる。
口コミ表も簡単。
THE THORさん

評価: 3.5このエリアにレビュー本文を記入します。

アコーディオンボックス(クリック)
Hこのエリアにレビュー本文を記入します。
関連記事タグとかも作れる
要チェックです
アイコンの種類も豊富

以上のようにブログで使用する機能は一通り揃っている。
さらにアイコンやカラー、見出しのデザインまで、ほんの少し設定を弄るだけですぐに変更できるのでオリジナリティも出しやすい。

SEO効果は間違いなく実感できる

THE THORが売りにしているだけあって、SEO対策は万全。
SEOとは?(クリック)
検索エンジン最適化」のことをSEOと呼ぶ。Googleなどの検索エンジンで自分の記事を上位に表示させるテクニック
今までブログなんて書いたことなかった私の駄文が、Googleの検索一覧に表示されて毎日皆さんに見てもらえている。
SEOはGoogle様の機嫌次第でどうにでもなるのだが、THE THORはGoogle様の機嫌を取るのが上手いテーマというわけだ。

何も分からないからこそ、最初から導入しておくべき

最初はSEOとかちんぷんかんぷんだっだりする人も多いかと思う。
でもブログをしばらく続けると少しずつ情報を仕入れたりして、こうしたほうがいいのか。なんて段々と理解してくる。パーマリンクとかAlt属性とかエトセトラ…。
で、じゃあ早速実践しようとするわけだが、THE THORだと気づかない間にすでにSEO対策が出来てたり、もしくは簡単に出来るようになってたりする。

ブログ始めたいけど難しいことは考えたくないって人も、とりあえずSEO対策済みのテーマを導入しておけば、あとで困ることもないはず。大は小を兼ねる。

使いまわしOK!特化ブログの量産もできる

THE THORには使いまわし機能が付いている。
一度購入すれば別のサイトでも追加料金なしで使用できる便利機能だ。
1万円以下の有料テーマだと、この使いまわし機能が付いていないものが多い。
THE THORは15,000円と安くはない価格だが、将来2つ3つとブログを増やす場合はすぐに元が取れるので実は割安だったりする。
今後複数のサイトを運営するかもって人は使いまわし機能のついたテーマを選ぶようにしよう。

デモサイトのテンプレ機能が簡単で便利

ここで役に立つのが前にも紹介したテンプレのダウンロード機能。
サイトごとにデザインを変更するのが面倒くさいって人でも、完成されたテンプレを公式サイトから簡単にダウンロードできるので、ストレスなくサイトを量産できる。

デモサイトからテンプレをダウンロードすれば簡単にブログが量産できる。

デザインはこだわりだすと意外と時間がかかるもの。

サイト1つだけなら大丈夫でも、2つ3つと増えるとテンプレ機能が必須となってくる。

プラグイン要らずでライトユーザーにも扱いやすい

THE THORは余計なプラグインを導入しなくても高いパフォーマンスを発揮できることができる。
プラグインとはテーマの拡張機能みたいなものだが、詳しく知りたい人はググってみてほしい。他力本願。
で、実際にググると「導入するべきプラグイン○選」とかそんな感じで出てくるのだが、THE THORにはそういった基本的な機能はすでに組み込まれているので、プラグインを導入する手間が省けるわけだ。
無料テーマを使用してみたら分かるが、プラグインの導入って結構面倒くさい。
ここのストレスを解消してくれるのはありがたい。

ただし不安要素もあり

私みたいなブログ初心者は、何でこのプラグインを導入するのか、何でTHE THORにはこのプラグインを導入しなくていいのか、そこらがふんわりとしか分からない。
先輩ブロガーがこれは必ず導入するべし!と言いながらもTHE THORに「いやその機能はあるんで大丈夫ッス」と言われると、どっちが正しいのか分からない。判断基準が曖昧。
まぁ難しく考えたくない人はTHE THORを使いながら最低限のプラグインを導入したのでいいかと。私はそうしている。

THE THOR(ザ・トール)のデメリット

それでは次に、THE THORを購入する前に気を付けておくべきデメリットを紹介しておく。

価格も決して安くはないため、購入してから後悔しないためにも、デメリットを許容できるかを見極めてほしい。

・かわいい系には向いていない?
・装飾機能が豊富ゆえに、こだわりだすとめんどくさい。
・分かりにくい編集画面。

カッコよさにステータスを全振りしすぎ

これまでのスクショを見てもらえれば分かりやすいが、THE THORのデザインは「カッコよさ>可愛さ」である。
どうしても公式感や、ファッション系のスタイリッシュなデザインが目立つ。
色合いや素材次第である程度調整できるが、スタートがかっこいい系なのでポップ系とか可愛い系を目指すのは遠回り。
ここは各テーマの持ち味と割り切るしかない。購入前に自分のブログの方向性は決めておこう。

装飾機能はこだわると少し面倒くさい

豊富にある装飾機能だが、差別化を図ろうとこだわる場合は注意が必要。
吹き出しに登録できる画像も左右1種類ずつだったり、ボタンや枠の編集も少し特殊だったりするので、デフォルトデザイン以外を使う場合はググったりして調べる必要がある。
CSSなどプログラミングの知識がある人は問題ないかもしれないが、ブログ始めたての初心者が勇気を出して15,000円払って購入したとなると、面倒くせぇってなるかも。

デザイン編集は覚えるまでが大変

ブログデザインの編集は選択式で、だれでも簡単に出来るようになっている。
ただ、どこで何が編集できるのか分かりにくいのは本当にストレスが溜まる。
編集は階層式になっているため実際に開くまで何が編集できるか分からない。

編集自体は直感的にできてプレビュー機能もあるので簡単。問題は編集画面までたどり着くことができるか。

まぁ分からない時はググればすぐに答えが見つかるので、そこまで気にする必要はないかもしれない。

情報量の多さはさすが人気テーマ、と言いたいがそれならもう少し操作性を改善してほしいところではある。

「THE THOR(ザ・トール)」のレビュー・まとめ

以上がTHE THORを実際に使用してみて気づいたメリットとデメリットである。

・スタイリッシュで男前なデザイン。
・豊富な装飾機能が簡単に設定できる。
・SEO効果が実感できる。
・サイト上限無しで量産も可能。
・プラグインいらずで初心者でも扱いやすい。
・かわいい系には向いていない?
・装飾機能が豊富ゆえに、こだわりだすとめんどくさい。
・分かりにくい編集画面。

配られたカードで勝負するしかないのさ

結局テーマごとに配られる手札が違うので、事前に自分の戦法にあったものを選ぶのが1番。今のところ100点満点のテーマはない。

とは言え、THE THORは有料テーマの中でもトップレベルの機能なのは間違いない。
あとはデザイン面が気に入るかどうか。
これは実際に公式ページやテーマを使っている実際のブログを見てみるのがいいだろう。
当ブログもTHE THORを使用しているので、よかったら覗いて行ってほしい。
フォローよろしくお願いします!