キーワード

ゲームパッド派ならXboxコントローラーがオススメの理由

今回はPCゲームをゲームパッドでプレイするお話。

PCゲームと聞くと、ヘッドセット、ゲーミングチェア、そしてキーボードマウス、この三点セットをイメージする人も多いだろう。

しかし私の場合は、ヘッドセットではなくスピーカー、ゲーミングチェアではなくオフィスチェア、キーボードマウスではなくゲームパッドを使用している。

つまり、競技志向のガチ勢ではなく、快適に楽しくプレイできたらそれでいい、所謂エンジョイ勢である。

本記事では、そんなゆるゲーマーである私が、快適性を求めて使用している、ゲームパッドについて紹介をしていく。

キーボードマウスのデメリット

そもそもなぜキーボードマウスを使わずにゲームパッドを使うのか。

それはキーボードの最大のデメリットと言える、姿勢の固定化である。

キーボードマウスの性質上、プレイ中はどうしてもデスクに張り付く形になってしまう。

集中力を必要とする競技系のゲームだとそれでもいいが、まったりと楽しみたい派の私は、姿勢を自由に変えれるゲームパッドが最上の選択と言えるわけだ。

ゲームパッドのデメリット

楽な姿勢でゲームをプレイすることができるゲームパッドだが、当然デメリットも存在する。

それは、キーボードマウスに比べてエイムの制度が落ちる、はエンジョイ勢の私には関係ないとして…。

カスタム性の低下である。

キーボードと多ボタンタイプのマウスを合わせると、キーボードマウスのカスタム性は無限大だ。

しかし、ゲームパッドの場合はボタンの数が限られてしまうため、複雑なショートカットの登録は困難になる。

そういった意味で操作性が劣ってしまうのは、ゲームパッドのデメリットと言えるだろう。

そこで出来るだけデメリットを抑えつつ、快適なゲーミングライフを送るために購入したゲームパッドがXboxエリートコントローラーである。

Xboxエリートコントローラー

Xbox専用のハイエンドモデル、Xboxエリートコントローラー。

通常のコントローラーと比べるとかなり強気な価格設定となっているが、その価値に見合った性能は十二分に発揮してくれている。

購入してから3年、PCゲームをプレイする時には、なくてはならないガジェットの一つとなっている。

 エリートと言うだけあって、カスタマイズ性は高い

十字キーとスティックはそれぞれ脱着が可能となっている。

マグネット式なので、工具いらずですぐに交換できるのがありがたい。

 スティックはサイズ別に3種類、十字キーは2種類から選べる

 グリップ部分は滑り止め用にラバー加工されている

かなり使い込んだので、ラバー部分が剥がれてきた。

簡単に交換できる価格でもないので、とりあえずアロンアルフアで応急処置中。

 ラバー部分の剥がれ対策として、専用カバーを購入

脱着も簡単で、洗うこともできるので衛生的。

背面パドルボタン

購入の決め手は、この背面にある脱着式のパドルボタンである。

背面ボタンは全部で4つあり、それぞれに任意のキーを振り分けることが出来るのだ。

これが有るのと無いのでは、操作の柔軟性がかなり違ってくる。

例えば、Aボタンを背面に設定してやれば、親指で右スティックを操作(視点移動など)したまま、中指で背面ボタンを押すことで、Aボタンの同時入力が可能になる。

(FPSの出会い頭のしゃがみ撃ちなど)

また、十字キーにバフアイテムなどを登録できるゲームだと、左スティックを親指で操作(移動など)しながら、背面ボタンに登録した十字キーを押すなんてことも出来る。

 パドルスティックの脱着も簡単にできる

ゲームに合わせて取り付けできるのが素晴らしい。

個人的には、4つ全部つけるとガチャガチャしすぎなので、普段は2つだけ使用している。

専用アプリ

Xboxの専用アプリによる、トリガーボタンやスティックの感度調整。

デッドゾーンや押し込み加減の調整が出来るため、ゲームのジャンルに合わせた調整が出来る。

設定はプロファイル保存でき、2つまでクイック登録できる。

コントローラーに切り替えスイッチがついているので、アプリを開かなくても即座に1と2のプロファイルを切り替えることが出来る。

 キーコンフィグ設定

マクロの登録こそできないものの、それぞれのキーに自由に割り当てが可能。

キーコンフィグの変更ができないゲームでもアプリ側で強制的に設定することも。

 スティックの感度調整

スティックの物理的な交換以外にも、アプリを使用しての感度調整もできる。

 トリガーのデッドゾーンの調整

レーシングゲームやFPSなど、ゲームジャンルごとに最適な調整が可能だ。

ワイヤレス化で更に快適

最近では当たり前となってきているワイヤレスコントローラー、いざ有線となるとやはり不便である。

というわけで専用アダプターを使用することで、PC環境でも簡単にワイヤレス化に成功した。

快適さを求めてゲームパッドを選んだのだから、ここは妥協したくないところである。

純正品でも1000円くらい。

XBOXコントローラー専用バッテリー

初代エリートコントローラーはバッテリー非搭載なので、外品の充電式バッテリーを購入。

こちらもそんなに高くない。

 充電もスタンドに置くだけ

ゲームパッド未対応のタイトル

Steamなどで配信されているインディーゲームの場合、ゲームパッドに対応していないこともある。

Steamとは違うが、サバイバルFPSのタルコフなどはゲームパッドに未対応で、慣れるのに苦労した。

とはいえ、ほとんどの場合はゲームパッドに対応しているので、よっぽどマニアックなタイトルを選ばない限り、問題なくゲームパッドを使用することができるだろう。

今買うならエリートコントローラ2

私がエリートコントローラを購入したのが3年前。

現在はモデルチェンジ後のエリートコントローラ2が発売中である。

今買うならそっちがオススメだが、やっぱり価格は高め。

そもそも、ゆるーくゲームをプレイするためにゲームパッドを使うのだから、ここにお金をかけすぎるのも少し違うのかもしれない。

しかし、普段からいろんなジャンルのタイトルをプレイするのであれば、背面ボタンやアプリによる設定機能はやはり便利である。

あとブランド力と言うか、やっぱりマイクロソフトの信頼性は高い。

安かろう悪かろうでノーブランドのゲームパッドを買うくらいなら、無印のxboxコントローラーを買うのも選択肢としてありだろう。

目安としては、1ヶ月にゲームを1本プレイするかしないかなら無印。

それ以上プレイするのならエリートでももとが取れる活躍をしてくれる。

PCゲーム用のスタンダードと言っても過言ではないXBOXコントローラー、ぜひチェックしてみてほしい。

フォローよろしくお願いします!