名作の遺伝子を引き継ぐ王道ホラー!!「The Medium」をレビュー

生と死の世界を行き来する、ホラーアドベンチャー『The Medium』

今回PC版をクリアすることが出来たので、レビューをしていくことにする。

「The Medium」ファーストインプレッション

タイトル
The Medium
ジャンル
ホラー
発売日
2021.1
プラットフォーム
Xbox Series/PC
クリア時間
5時間~10時間
スコア
70

本作を他のゲームで例えると「サイレントヒル:ホームカミング」の雰囲気が近いだろう(日本未発売の作品で例えてもだが…)

音楽もサイレントヒルシリーズの山岡 晃氏が担当しているそうだ。ただ、本作ではそこまで印象に残る音楽がなかったのは残念である。

 美しい背景に対してキャラデザインが少し粗いのも気になるが、インディーゲームとして見れば十分合格点と言える。

定点カメラによる操作に少し癖があるが、葬儀の準備(チュートリアル)を進めるうちにすぐに慣れることができた。

 主人公のマリアンは、死後の世界と繋がれる特殊能力を持っており、時には死者と直接会話する事もできてしまう。

彼女にとってあの世と繋がることは、日常に起こりうる一つの現象に過ぎない。

そのため、本作で描かれるホラー演出に対しても、彼女はすでにある程度の耐性を持っている。

 5時間程度でクリアできるのでボリュームは少なめ。

とはいえ、怖がるだけではなくストーリーも丁寧に作られている。映画替わりにプレイするには丁度いいゲームだ。

2021.1時点では対応しているハードウェアが少ないが、今後SwitchやPSにも移植される気がする、そんな口コミで人気が出てきそうな作品である。

怖さと謎解きの絶妙なバランス

本作には銃やナイフといった攻撃の類が存在しない。

個人的に”逃げるだけ”のホラーゲームはあまり得意でないのだが、本作はそこまで苦にならなかった。

恐怖心を煽る演出も多いが、先に進むのが怖くなるような過度なものは少ない。

前述のように、マリアンがすでにそういった状況に慣れてしまっているのも、プレイしていて心強く感じる。

この恐怖感の調整が上手く出来ており、怖いだけでなく、ストーリーを楽しめるよう余裕のある作りになっている。

 地獄のような風景でも、その作り込みを堪能する余裕を持てる。

また、謎解きの難易度もちょうどいい塩梅。

攻略サイトを見ないと詰まるような難しさでもなし、かと言ってヒントだらけの作業ゲーでもない。

マリアンの霊能力が多くて使い所に困るのが難点だが、コツを掴めばすぐに慣れるだろう。

 幽体離脱や透視など、霊能力を駆使して謎を解いていく。

ヒントが少なくて迷ってしまうこともあったが、手あたり次第に霊能力を使っていれば解決することがほとんど。

謎解きもパズルのようなミニゲーム的なのが多く、適度に楽しみながら攻略することができる。

定点カメラによる三人称視点が懐かしくも美しい

本作では最近のTPSに見られるビハインドカメラ(肩越し視点)ではなく、昔ながら(?)の定点カメラを採用している。

少し前までは当たり前だったと思うが、今プレイすると懐かしい気分になってしまった。

 初期の「バイオハザード」や「サイレントヒル」を彷彿させる構図。

実際にプレイしてみると、この定点カメラがホラーゲームと相性がいいことに気付かされる。

一人称視点や肩越し視点の場合、制作側の意図する演出とプレイヤーの視点がズレる可能性が出てくる。(突然扉が閉まる演出をたまたま後ろを向いてしまい見逃すなど)

しかし定点カメラの場合、キャラの位置こそ違えど背景は固定である。

つまり制作側の見せたい背景、見せたいシーンを、限りなく完璧な状態で体験することができるのだ。

 デメリットとしては、誰がプレイしても同じに見えてしまうことだが、ストーリーを楽しむ本作のようなゲームには有効な手法と言える。

定点カメラと言えば、カメラの切り替えポイントでキャラが迷子になるのはご愛敬だろう。

この世とあの世の二分割同時操作

古き良き時代を感じる定点カメラの構図。そこに新鮮味を加えるのが、本作の特徴とも言える二分割同時操作画面だ。

この世とあの世の世界を、上下、もしくは左右に分割して表示する。あっちの世界では見えないものが、こっちの世界では見える。こっちにない道があっちにはある。

2つの世界を行き来しながら、パズルのように謎を解いていくのは中々新しい感覚だった。

 一度に2つの世界を体験する。一粒で2度美味しいとはこのこと。

二つの画面を同時に確認する必要があるので、視点があっちこっち移動して疲れてしまうかも。

この二分割画面こそワイドモニターにピッタリと思うが、残念ながら私がプレイした段階では未対応であった。

 ちなみに私が普段使用しているワイドモニターの紹介記事はこちら。

関連記事

今回は私がメインで使用しているLGの曲面ワイドモニター「34GL750-B」を紹介。 出費を抑えつつ、でもスペックはそれなりのものが欲しい、そんなわがままユーザーには「34GL750-B」はマストバイと言える。 ワイドモニター選びで[…]

モーションや操作性は古臭い

本作で気になる所があるとすれば、モーションやインターフェイスの古臭さだろうか。

緊張感を削ぐジョギングのようなダッシュや、探索のペースを乱す上り下りのモーション。

プレイしていれば慣れてはくるが、サクサクと進めたい人にとってはストレスになるかもしれない。

 UIも良く言えばシンプル、ただ面白みがない。

武器や回復アイテムといったものが登場しないので、アイテム画面を開くことも少ない。

おぞましいがグロテスク度は低め

冒頭でも紹介した「サイレントヒル:ホームカミング」

こちらはグロテスクな表現が規制に引っかかり、日本では発売できなかった作品である。

それに比べると、本作は誰でも遊べる程度に抑えられてはいる。(18歳以上対象ではあるが)

進むのを躊躇ってしまうようなステージ

斬り刻まれて内蔵が飛び出るような、目を背けたくなるようなシーンはないので安心してほしい。

どちらかと言えば、想像を掻き立てられるような抽象的な表現が多い。

「The Medium」レビュー・まとめ

全体的に丁寧に作られており、ホラーゲームに抵抗がなければ誰でも楽しむことができる。

後半に少し中だるみするのが残念だが、それでも”プレイするホラー映画”として最後まで楽しむことができた。

謎解きとストーリーがメインであるため、連続しての周回には向いていないが、映画の代わりにサクッと遊んでみたり、実況用でプレイするのもいいかもしれない。

現在プレイ中のゲームをチェックする