イトーキのサリダチェア「YL9」を3カ月使用したのでレビュー

イトーキから発売されているオフィスチェアシリーズ「SALIDA(サリダ)」

サリダシリーズの中でもハイエンドモデルにあたる「YL9」を購入してみたので、実際に使用してみて感じたオススメポイントなどを紹介してみる。

オフィスチェアとしてだけでなく、ゲーミング用としても問題なく使用できる万能チェアなので、気になる人はチェックしてみてほしい。

イトーキのオフィスチェア「サリダ・YL9」の使用レビュー

製品名 YL9
メーカー イトーキ
重量 25.5kg
カラー ブラック、メイビー、ホワイト
材質・背面 エラストマー
材質・座面 ファブリック
材質・キャスター アルミニウム

ゲーミング用としても使用できる万能チェア。

オフィスチェアとして販売されている「YL9」、しかしゲーミングチェアとしても十分すぎる性能に仕上がっていた。

まずは可動部分を実際の写真を使いながら紹介してみることにする。

 ヘッドレストの高さと首振り

 背面シートのリクライニング

▲ 座面の左下にあるロックレバーを操作することでリクライニングが可能。

グラつきもなく安定した姿勢を保つことが出来ている。

 肘置きの高さ

▲ 肘置きの高さは約1㎝間隔で調整が可能。

前後左右への調整はできないので注意が必要だ。

 座面の奥行

▲ 座面のスライド調整も可能。

座面右下に高さ調整用とスライド用の2本のレバーがある。

座面を前まで持ってくれば、リクライニング機能も相まってかなりゆったりとした姿勢がとれる。

 豊富な可動域のおかげで自分好みの調整が可能

▲ 座面の高さと肘置きの調整で、デスクと肘置きを面一にもってくることも簡単にできる。

オフィス用のチェアとして販売されているYL9だが、以上のようにかなり細かいところまで調整することができるため、自分にあったポジショニングを簡単にとることができる。

ゲーミングチェアのデザインはちょっとなぁ…って人でも、YL9なら満足のいく性能を発揮してくれるだろう。

 

国産ならではの日本人向けチェア

ゲーミングチェアとして有名なのが「AKRACING」や「DXRACER」といったメーカー。

両メーカーとも世界各国のユーザーに向けて展開している超大手メーカーだ。eスポーツなので耳にする人も多いはず。

海外メーカーは自分の体形に合ったものを探すのが大変

しかしそういった世界大手メーカだと、サイズもさまざまな体系に合わせて開発されるため、その中から自分に合ったサイズを探すのは結構大変だったりするのだ。

その点イトーキは国産メーカーであるため、日本人の体形に合わせたモノづくりができているのでは?と考えた。

商品のレビュー数などはゲーミングチェアのメーカーの方が圧倒的に多いわけだが、自分の直感を信じて購入を決意。

 結果は大当たり

以前に使用していた1万円前後のオフィスチェアとは比べ物にならないほど快適に作業ができるようになった。

以前は1時間も座れば、右側のお尻が痛くなる→姿勢を変える、次は左が痛くなる→姿勢を変える、そんな状態がずっと続いていたのだが今ではまったく問題なし。

実際にこの記事は「YL9」に座って書いているが、今の段階で4時間以上姿勢を崩さずに座りっぱなし。この快適さは素晴らしい。

 

エラストマー素材による蒸れ対策!汗の嫌な匂いも、汚れも気にならない

オフィスチェアの生地を選ぶとき、ファブリック(布)か合成皮革(レザー)にするかで悩むこと人も多いのではないだろうか。

それぞれ一長一短があり、見た目から機能までと考え出すとなかなか決めれなくなる。

 

ファブリック レザー
通気性がよく蒸れにくい 高級感あってカッコいい
汚れやすく、手入れが難しい 通気性が悪く蒸れやすい

 

「YL9」の背面シートはファブリックでもレザーでもなく、エラストマー素材というゴムのような素材で作られているのが特徴だ。

 

 

一見硬そうに見えるが思いのほか弾力があり、背中をやさしくサポートしてくれる。

メッシュ調のデザインで通気性にも優れており、少々の汚れであれば簡単に拭き取ることが可能だ。

決して万人受けするデザインではないが、もし見た目が気に入ったのであれば機能面で期待を裏切られることはないだろう。

 

 

 

 

比較表

比較 YL9 Wolf
価格 40,000 40,000
素材 エラストマー(座面はファブリック) ファブリック
可動域・座面 9㎝ 7㎝
アームレスト 9㎝ 7㎝
リクライニング 130度 180度
座面シートのスライド 5㎝ ×
ヘッドレストの高さ 7㎝(首振り機能付) ×
カラー 3色 3色

 価格