イトーキのオフィスチェアを紹介【おすすめ3選+おまけ】

快適なデスク環境を構築するために、イトーキのオフィスチェア「YL9」を1年前に購入。

初めての高額オフィスチェアということもあって(それでも安いほうだけど)かなり冒険をした買い物だったんだけど、

 

これがなかなかの大当たり。

 

今ではすっかり手放せないものとなってしまった。

テレワークの普及もあってか、その時のレビュー記事も当ブログの人気記事となっている(ありがたや)

関連記事 イトーキのサリダチェア「YL9」を3カ月使用したのでレビュー

 

予想以上に反響があったため、今回はイトーキのオフィスチェアについてまとめてみることにした。

「YL9」を含め、他のラインナップが気になる人の参考になれば幸いである。

 

【おすすめ3選】イトーキのオフィスチェア

今回はテレワークだけでなく趣味での使用も考え、比較的手を出しやすい価格帯から3つの商品をピックアップ。

毎日8時間座りっぱなしというのであれば10万円以上の本格チェアも視野に入るだろうけど、初めてのオフィスチェアであれば今回紹介するものでも十分すぎる性能を体感できるはず。

 

SALIDA YL9G

SALIDA YL9Gの特長

  • ゲーミング用に最適化された高機能チェア
  • 体重を感知する自動調整ロッキング機能搭載
  • エラストマー素材の背もたれで蒸れにくい
素材 背:エラストマー 座:ファブリック
リクライニング 〇(体重感応式シンクロロッキング)
座面調整 〇(前後)
肘置き 〇(前後・左右・回転・高さ)
ヘッドレスト 〇(角度・高さ)

我らが誇る(?)YL9からゲーミングモデルの「YL9G」が登場。

YL9の性能はそのままに、快適なゲーム性を求めてさらに可動域が増えている。

赤色のアクセントカラーもカッコよくて、個人的に今買うなら確実にこれ(私がYL9を買った時にはまだなかった…。まぁYL9でも十分だけど。)

色んな意味で“熱く”なりやすいゲーミング環境において、

 

蒸れにくいエラストマー素材の背もたれがホントに快適。

 

また、YL9では高さ調整しかできなかった肘置きが、前後左右と回転機能まで加わったのは大きな変更点。

スタイリッシュなデザインで場所を選ばないので、「ゲーミングチェアのデザインはちょっと…」という人にもオススメのオフィスチェアである。

YL9の詳細についてはこちらのイトーキのサリダチェア「YL9」を3カ月使用したのでレビューも参考にしてみてほしい。

 

SALIDA YL6

SALIDA YL6の特長

  • 空間を広く見せるコンパクトデザイン
  • 体重を感知する自動調整ロッキング機能搭載
  • 豊富なカラーバリエーションで場所を選ばない
素材 背:プラスティック 座:ファブリック
リクライニング 〇(体重感応式シンクロロッキング)
座面調整 ×
肘置き ×
ヘッドレスト ×

YL9からヘッドレストと肘置きをオミットしたようなデザインが特徴の「YL6」

メッシュ調の背もたれも相まって空間を広く見せてくれる。(素材はプラスティックなのでYL9に比べて少し固めなのには注意)

自動調整ロッキング機能も搭載されているので、リビング横のテレワークスペースで休憩したり、ちょっとした読書タイムにも便利。

カラーバリエーションも豊富で使用環境に合わせて選びやすいのもポイント。

 

高品質なオフィスチェアが欲しいけどスペースに余裕がない…

 

そんなテレワークの悩みを解決してくれるオフィスチェアと言える。

 

X FOCUS CHAIR

X FOCUS CHAIRの特長

  • テレワーク環境に溶け込む特別なデザイン
  • バケットシートで体をしっかりとホールド
  • 通気性に優れ肌触りの良いファブリック素材採用
素材 背:エラストマー 座:ファブリック
リクライニング 〇(レバーロッキング)
座面調整 〇(リクライニングに合わせた自動調整)
肘置き 〇(高さ)
ヘッドレスト ×

ゲーミングチェアらしいバケットデザインが特徴の「X FOCUS CHAIR(クロスフォーカスチェア)」

体をしっかりとホールドしてくれるバケットシート。

体系に合わせて姿勢を調整できるネックサポートとランバーサポート。

ゲーミングチェアに求められる機能はそのままに、できるだけゲーミングっぽさを取り除くことで、

 

インテリアに溶け込めるハイブリットチェアとなっている。

 

ゲーミングチェアと言えば、AKRacingなどレカロシート風のゲーミングチェアが人気ではあるけど、所謂「中二病」的なデザインは好みの分かれるところ。

それに対し「X FOCUS CHAIR」は材質をファブリック素材で統一、カラーも主張が控えめなもので揃えられている。

女性向け…と言えば語弊があるかもしれないけど、インテリアを崩さない落ち着いたデザインは、テレワークからゲーミングまで幅広く活躍してくれるだろう。

 

エヴァンゲリオンチェア

エヴァンゲリオンチェアの特長

  • イトーキとエヴァンゲリオンがコラボ
  • 4つの個性的なデザインを展開
  • 完成度は高いけど、その分価格も高め
素材 PVCレザー
リクライニング 〇(レバーロッキング)
座面調整 〇(リクライニングに合わせた自動調整)
肘置き 〇(高さ)
ヘッドレスト ×

一応おまけとして、こんなのもあるよ程度に紹介だけしてみる。

上記の「X FOCUS CHAIR」をベースに、コンセプトをガラリと変えて登場したコラボチェア。

性能は「X FOCUS CHAIR」と同等だけど、価格はブランド税をしっかりと取っている。

正直趣味の領域ではあるんだけど、決してパチモンとかではなくてしっかりと大手メーカーで作られているホンモノのゲーミングチェア。

どうせ長く使うなら好きなものに囲まれたい、そんな人にオススメ。

 

【おすすめ3選】イトーキのオフィスチェア・まとめ

というわけで、イトーキのオフィスチェアからオススメを3つ+おまけを紹介してみた。

実際に私もイトーキのオフィスチェアを使っているんだけど、デザインも品質も申し分なしでホントに満足している。

あなたにピッタリのオフィスチェアを探すのに、この記事が参考になれば幸いである。