キーワード

【アマゾンプライム】今なら「ジョン・ウィック」シリーズが見放題!【3作まとめて紹介】

キアヌ・リーヴスのアクション“ガンフー”映画「ジョン・ウィック」シリーズが、Amazonプライムビデオで配信中。

・愛犬を殺された仕返しにロシアンマフィアへの復讐を誓う、記念すべき一作目「ジョンウィック」

・マイホームを破壊された仕返しに、イタリアンマフィアを追い詰める「ジョン・ウィック:チャプター2」

・そして懸賞金1400万ドルの賞金首となったジョンが、凄腕の殺し屋に狙われる「ジョン・ウィック:パラベラム」

今回はキアヌ・リーブス演じるジョン・ウィックの殺人格闘術、「ガンフー」を心ゆくまで堪能できる、「ジョン・ウィック」シリーズを3本まとめて紹介していく。

1.ジョン・ウィック

概要

ジャンル アクション
公開日 2014年
シリーズ 3(2014~2019)、シリーズ4作目が2021年に公開予定
アメリカ
時間 1時間41分

キャスト/スタッフ

ジョン・ウィック キアヌ・リーブス
マーカス ウィレム・デフォー
オーレリオ ジョン・レグイザモ
ウィンストン イアン・マクシェーン
ヴィゴ・タラソフ ミカエル・ニクヴィスト
監督 チャド・スタエルスキ
脚本 デレク・コルスタッド

あらすじ

裏社会に語り継がれる一騎当千・伝説の殺し屋ジョン・ウィック。

愛を知り、表の世界へと足を洗い平穏な日々を送っていた彼は、ある日、不運にも彼の愛するもの全てをマフィアに奪われてしまう。

怒りに震え、心の奥底に封じ込めた”殺し屋の魂”を解き放ち、復讐のために独り立ち上がる。

引用:Amazoプライムビデオ

『ジョン・ウィック』レビュー

裏社会から引退し、悪との関わりを拒絶する男、ジョン・ウィック。

こっちはまったく関わりたくないのに、あっちから勝手に絡んできて、そして殺されていく。

手を出した奴が、実はヤバい奴だった系の映画。

難しい事は何も考えなくていい、ただただ敵をなぎ倒していくのみ。

柔術と射撃が融合した「ガンフー」を堪能することが出来る。

心臓に1発、そして頭に1発、まるで音ゲーのようにリズミカルに敵を排除していくガンフー。

弾はスローモーションになったりしない。壁を走ったり、空中に浮いたりもしない。でも、銃を構えているだけで美しい!

どこかゲームの世界が入り混じったような、不思議な世界観も特徴の一つ

しかし、1作目という事もあり、エンジンが掛かるのが少し遅いのが残念。

本領発揮は、次に紹介する2作目「チャプター2」からなので、まずはジョン・ウィックの世界をゆっくりと味わってほしい。

本作でジョン・ウィックが殺める敵の数は、驚異の84人。
1分20秒に1人殺される計算になる。

 AmazonPrime会員ならプライムビデオ対象作品が見放題

今なら30日間の無料体験を実施中!
≫ AmazonPrimeはこちら

2.ジョン・ウィック:チャプター2

概要

ジャンル アクション
公開日 2017年
シリーズ 3(2014~2019)、シリーズ4作目が2021年に公開予定
アメリカ
時間 2時間2分

キャスト(吹き替え)/ スタッフ

ジョン・ウィック キアヌ・リーブス
カシアン コモン
バワリー・キング ローレンス・フィッシュバーン
サンティーノ・ダントニオ リッカルド・スカルマッチョ
アレス ルビー・ローズ
オーレリオ ジョン・レグイザモ
ウィンストン イアン・マクシェーン
ジュリアス フランコ・ネロ
監督 チャド・スタエルスキ
脚本 デレク・コルスタッド

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックによる壮絶な復讐劇から5日後―。

彼のもとにイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。

しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、思い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。

愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへの復讐を開始するが、命の危険を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

引用:Amazoプライムビデオ

『ジョン・ウィック:チャプター2』レビュー

「ジョン・ウィック」から5日後のストーリー。

興奮冷めやらぬうちから話が始まるので、出だしからアクションシーンが多め。

前作では控えめであったアクションも(とは言っても84人も殺しているが…)、今回は出し惜しみせずにバッタバッタと敵をなぎ倒していく。

そして「マトリックス」のモーフィアスでお馴染みの、ローレンス・フィッシュバーンも登場する。

ゲーム的な世界観も更に拍車がかかり、防弾チョッキならぬ防弾スーツを身にまといながら戦う。

背中から少しくらい撃たれても「痛い!」で終わるのがシュール。

前作同様、美しさすら感じるヘッドショットは一見の価値あり。

「チャプター2」でジョン・ウィックが殺める敵の数は128人!
前作の84人から44人の上乗せ。

 AmazonPrime会員ならプライムビデオ対象作品が見放題

今なら30日間の無料体験を実施中!
≫ AmazonPrimeはこちら

3.ジョン・ウィック:パラベラム

概要

ジャンル アクション
公開日 2019年
シリーズ 3(2014~2019)、シリーズ4作目が2021年に公開予定
アメリカ
時間 2時間10分

キャスト/スタッフ

ジョン・ウィック キアヌ・リーブス
ソフィア ハル・ベリー
ウィンストン イアン・マクシェーン
バワリー・キング ローレンス・フィッシュバーン
ゼロ マーク・ダカスコス
裁定人 エイジア・ケイト・ディロン
シャロン ランス・レディック
監督 チャド・スタエルスキ
脚本 デレク・コルスタッド

あらすじ

裏社会の聖域:コンチネンタルホテルでの不殺の掟を破った伝説の殺し屋、ジョン・ウィック。

全てを奪ったマフィアへの壮絶な復讐の先に待っていたのは、裏社会の秩序を絶対とする組織の粛清だった。

1,400万ドルの賞金首となった男に襲いくる、膨大な数の刺客たち。満身創痍となったジョンは、生き残りをかけて、かつて“血の誓印”を交わした女、ソフィアに協力を求めモロッコへ飛ぶ。しかし最強の暗殺集団を従えた組織は、追及の手をコンチネンタルホテルまで伸ばして、ジョンを追い詰める。

果たしてジョンは窮地を脱出し、再び自由を手にすることができるのか!?

引用:Amazonプライムビデオ

『ジョン・ウィック:パラベラム』レビュー

シリーズ3作目となる「ジョン・ウィック:パラベラム」

前作「チャプター2」のクライマックスシーンからの引継ぎとなるため、過去2作の視聴は必須となる。

ハル・ベリー演じるソフィアが新キャラとして参戦。

犬と共闘する殺陣は、スピード感があって見応え十分。
※今作では動物は死なないので安心してほしい

対ジョン・ウィック部隊との攻防戦が見所。アーマーの上からも容赦なく撃ちまくる戦闘は、シューティングゲームのようで爽快感抜群。

本作のキルカウントは、前作から少し下がって94人(ソフィアを除く)
その代わりバイクや馬、犬との共闘など、バリエーションに富んだ戦闘が楽しめる。

 AmazonPrime会員ならプライムビデオ対象作品が見放題

今なら30日間の無料体験を実施中!
≫ AmazonPrimeはこちら
フォローよろしくお願いします!